お得なFXスワップ金利というシステム

お金を銀行に預けておくと利息が付いてきますが、その仕組みを理解していますか?

預かった銀行は、そのお金を企業などに貸付けてそこからえた利子の一部を預かった側に還元するからです。でも日本の銀行には、利息のメリットはなくなっているので、外貨に目を向けていかないと利息は付きません。

外貨で人気があるのが、ニュージーランドドル=年利3.50%、オーストラリアドル=年利2.50%。でも外貨預金の利子は、半年か1年しないと付いてきません。

これでは、もし為替レートが下がったりすると利息どころではなくなってくるのです。でもFXにはスワップポイントというシステムがあって、こちらは日毎に利子が付くのです。

さらに外貨預金は手数料が多く掛かってしまうので、それならFXのスワップ金利を運用していった方が入ってくるお金は多くなるので便利です。でもFXのスワップ金利は、長期戦が前提となってきますので、短期間で利益を出したいと考えている人には、物足りなく感じるでしょう。

為替相場は毎日動いているので、その動きのリズムに乗ってトレードを仕掛けていくという楽しみは、スワップ金利では得られないのです。さらにスワップ金利は、長期戦を前提としているので、仮に為替や金利に大きな変化が起こってしまうと儲かるはずが、逆に損金を発生させてしまいます。

スワップ金利の予想外の変化というリスクを考えていくと毎日画面に向かって、レートの動きを追いかけながら予測するデイトレードもありなのです。